stella_inc
レヴァレイション・シリーズ
PICTOR
ピクター

上位モデル VIRGO III の設計思想をそのまま踏襲。超強力電源で余裕のドライブ!!

新たなレヴァレイション・シリーズのプリアンプ、PICTOR ( ピクター) の開発にあたっては上位モデルであるVIRGO III をベンチマークに据えました。 コンステレーション・プリアンプの代表モデルであるVIRGO III のパフォーマンスをできる限り維持した上で、かつ、多くの方にご使用いただける価格を 目指すというミッションはベテラン設計チーム「ドリームチーム」にしてみても相当の苦労があったようです。サウンドを決定づける様々な要素を一点一点 検証し、何を残して何を捨てるか、膨大なカットアンドトライの末に PICTOR は生まれました。

プリアンプ回路に影響をおよぼす電磁波と振動を徹底排除。

プリアンプ回路に飛び込む電磁波や振動は、すべからく信号に悪影響を与えます。S/Nが悪くなりローレベル信号の再現性が失われ、サウンドを濁らせフォーカスを甘くさせる最も大きな原因は回路基板に飛び込む電磁波と振動なのです。
PICTOR では、プリアンプ回路を電磁波と振動から完全に守ることを設計の主眼といたしました。

上位モデルと同様の3独立電源を備えた別電源部。

オーディオ機器のグレードを決定づける最も大きな要素は電源であることを、このRevelationシリーズのこの開発において再認識いたしました。電源に十分な余裕があり強力であることはプリアンプにとっても大変重要なことです。一方で、小さな信号を取り扱うプリアンプ回路にとってみれば強力な電源部というのは危険な存在でもあります。電源部から放散される電磁波や振動がプリアンプ回路の信号を汚してしまうのです。
このことを最重要視した設計チームは、PICTORにも上位モデルと同様に電源部に独立した筐体を与えました。独立した電源部には、左右チャンネルのプリアンプ回路用に各ひとつずつ、制御回路用にひとつ、合計3系統の独立した電源回路が収められた贅沢な設計を採用しています。

シンプルかつ堅牢な切削加工のアルミシャーシ
独自の制振構造とシールドにより様々な外的要因から電気回路をしっかり遮断して信号の劣化を防いでいます。


増幅回路基板と制御回路基板は、1枚の金属板の表面と裏面にしっかりマウントされています。 この金属板は両面にマウントしたふたつの回路を、各種の有害な干渉から保護するとともに、弾性を持ったサスペンションにより筐体からフローティングされています。 デュアルモノラル構成のプリアンプ基板は、電源まで完全に分かれておりお互いに干渉することはありません。また、制御回路部とプリアンプ回路部も完全に分離しており、信号の純粋性は全てのステージで完全に保護されています。

Specifications

Inputs   3XLR , 3RCA
Outputs   2XLR , 2RCA
THD+N ( RI > 10 kohms )
  < 0.001% , 20Hz - 20kHz @2V out
< 0.1% , 20Hz - 20kHz @10V out
Frequency response   10 Hz to 200 kHz, +/-0.5 dB
Input impedance   20 kohms (bal), 10 kohms (single)
Output impedance   < 50 ohms
Dimensions Main   432 x 381 x 133 mm (wdh)
Weight Main   8.5 kg
Dimensions P.S   432 x 330 x 70 mm (wdh)
Weight P.S   7 kg