Tune Tot

Compact Monitor speakers Tune Tot 2 way 2 driver system

FEATURE製品の特長

ウィルソン・オーディオの原点とも言える 「WATT」を超える
小型モニタースピーカー

ウィルソン・オーディオのハイエンドスピーカーとしての大きな一歩は、1985年に設計された「WATT(Wilson Audio Tiny Tot)」という小型モニタースピーカーです。
「ウィルソン・オーディオのチビ助(Tiny Tot=チビ)と名付けられたこのコンパクトモニタースピーカーは、スタジオエンジニアの仕事をしていたデビッド・ウィルソン氏が録音現場に持ち込めるようにと創った、自身の仕事用のモニタースピーカーでしたが、その正確なサウンドステージの再現性から大きな話題となり、ついにはウィルソン・オーディオの代名詞とも言える存在となりました。
それから30年以上の時を経て、WATTを越えるウィルソン・オーディオ史上最少サイズのコンパクトスピーカーとして、Tune Totは生まれました。

ウィルソン・オーディオの最先端テクノロジーを全面的に踏襲し
フリー&イージーセッティングを実現

Tune Totのエンクロージャーには、ウィルソン・オーディオの全てのモデルに使用されている特許素材の超制振コンポジット材、X-マテリアルとS-マテリアルを使用。
向かい合うどの2面も平行ではない非対称形状を採用し、エンクロージャー内部の有害なレゾナンスを排除しています。
またエンクロージャー背面部にエアーベントを設けることで5.75inchウーファーのリニアリティを十分に確保しています。
ウーファードライバーのは敢えてパルプコーンを採用し振動系を軽量化。
ウーファーがリニアにしかも軽くドライブされることで小型スピーカーにありがちな重くて暗い低音とは無縁で、あたかも大型スピーカーが奏でるがごとくの軽やかでしかもソリッドなベースサウンドが大きな特長です。
本体にはステンレス製のスパイクが付属しており、スパイクの高さ調整によりバッフル面の仰角を調整することで、ウィルソン・オーディオが最も重視するドライバー間のタイムアライメント調整を可能としています。

オプションのアイソレーション・ベースを使用することで
サウンドはさらに盤石に

Tune Totはセッティングフリーの小型スピーカーですが、どんなスピーカーでも言えるように、設置する面の材質や特性が音質に大きな影響を及ぼすことは事実です。
設置面に十分な強度が無い場合や共鳴・共振がある場合には、専用のアイソレーション・ベース(別売)を併せてご使用いただくことをお薦めします。
アイソレーション・ベースは特許素材のコンポジットと合金のサンドイッチ構造で、Tune Tot本体とベストマッチいたします。


SPECIFICATIONSスペック

システム構成 2 way 2 driver system
エンクロージャー リアベント方式、Xマテリアル+Sマテリアル
ウーファードライバー 1 x 5.75 inch
ツイータードライバー 1 x 1 inch silk soft dome
能率 86 dB@ 1 watt @ 1 meter @ 1 kHz
定格インピーダンス 8 Ω (最低インピーダンス 6.61Ω@172Hz)
許容最小アンプ出力 25W / channel
再生周波数帯域 65 Hz - 23 kHz @+/- 3dB Room Average Response
製品寸法 38 (h) x 22(w) x 26(d) cm
製品質量

13 kg /pc

   
   
   


PAGE TOP